用語集 KEYWORDS

  1. HOME>
  2. 用語集>
  3. SDN(Software Defined Network)

SDN(Software Defined Network)

用語

読 み

ソフトウェアデファインドネットワーク

研究領域

クラウド

SDNは、ネットワークの制御をハードウェアから切り離し、コントローラと呼ばれるソフトウェアで実現する手法である。従来のネットワークでは通信パケットがスイッチに到着した際に、スイッチのハードウェアに設定されたルールに従って通信パケットを転送する。一方SDNではネットワーク管理者により、特定のパケットの優先や非優先、ブロックといったルールを詳細なレベルで変更することが可能となる。これは特にマルチテナントのクラウドに有効で、トラヒックの負荷を柔軟かつ効率的に管理することが可能となる。


Software-Defined Network (SDN) is an approach to networking in which control is decoupled from hardware and given to a software application called a controller.
In a conventional network, rules built into the switch’s hardware tell the switch where to forward the packet. On the other hand, in a SDN, a network administrator can change any network switch's rules when necessary; prioritizing, de-prioritizing or even blocking specific types of packets with a very granular level of control. This is especially helpful in a cloud computing multi-tenant architecture because it allows the administrator to manage traffic loads in more flexible and efficient manner.

関連プロジェクト

PAGE TOP